打ち水大作戦2004 参加レポート(その1) 2004年8月25日(水)
2004年8月18日〜25日に行われた打ち水大作戦。
ろん♪は最終日の25日にお台場にて参加してきました!

この日は曇りというちょっと切ない天気でした。
諸事情で浴衣を着る余裕なく、集合場所へ。
(すまんT城氏(^^;))
お台場リーダーのT城氏の説明を聞きつつ、それぞれ役割に分かれて準備開始☆

お台場では、12時にお台場海浜公園ペデストリアンデッキにて決行、
その後大江戸温泉物語に移動し、15時に決行、というスケジュールでした。
普段は港区の児童館の子供達にも参加してもらってたようでしたが、
今回は児童館の方で行事があったようでした。残念!

スタッフは浴衣・甚平姿で準備に大忙し。
でも、こういうのって何だか好きなんです。
何か始めるための準備って、これから始まるものを考えるとワクワクしてしまいます☆

打ち水大作戦でのお約束として、「二次利用水を使用する」というものがあります。
お台場班では、大江戸温泉物語から残り湯を提供していただいたそうです。
大きいビニールプールに入った二次利用水を小さめのビニールプールにどんどん移して。
久しぶりにバケツリレーしました。
同時に桶や柄杓も用意して、参加者用に並べて。
お台場観光客とはとても見えない私達の姿に、皆不思議そうな視線を投げかけてきます。
そんな方達に「12時から打ち水大作戦決行です!参加しませんか?」と
どんどん呼びかけました。
最初は躊躇する人達が多かったんですが、子供達を中心に桶を受け取りに来る人達が増えてきます。
列を作る人数がだんだん増えて、それに比例して私のテンションも上がっていきます!

そして・・・12時!リーダーのカウントダウンに合わせて一斉にスタート!
参加者の手から、次々に水が舞っていきました。
なんていうか・・・皆で一斉に同じことをするっていうのは
それだけで迫力あるなあって思いました。
しかもその時って皆、楽しい表情なんです。
お台場と言う場所柄、親子連れや遊びに来た若い世代が多かったのですが、
若い世代は特に「打ち水」という行為は初めてだったと思います。
新しいことをするっていうのはどこかワクワクしますよね。
そういった意味で皆笑顔だったのかな、とか考えました。

一回だけでなく、2回、3回と桶に水を汲んで打ち水する人もいました。
その中でスタッフと参加者、参加者同士とも交流があったように思います。
桶と柄杓は持って帰れる物だったので、一組ずつ持って帰る家族もいました。
「家でも打ち水してみてくださいね☆」
やっててくれてると嬉しいな〜♪

ちなみにここでは、確か2℃くらい気温が下がったと思います。
しかも打ち水をした後、風が起こりました!
微かだったけど、でも効果あったんじゃないかな☆

長くなるので、前半はここまで。後半へ続く〜☆


広告 [PR]  再就職支援 冷え対策 わけあり商品 無料レンタルサーバー